40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2023/12 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

亀田製菓の減プラスチックの取り組みに感心した件

以前、
「廃プラスチックを減らすための、幾つかの取り組み」
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-494.html
の記事に書いたように、廃プラスチック削減のため、菓子類はもっぱら、トレーなし包装のものを購入するようにしている。

そのため、以前はよく買っていたが、最近は購入を控えている商品も、幾つか存在する。

先日、そうしたトレーあり包装商品の一つが、トレーなしのエコパッケージにリニューアルされているのに気づいた。


この、ECOパッケージのマーク。写真の「10枚 海苔巻せんべい」のみならず、亀田製菓の商品の幾つかについているのを見かける。

そこで、亀田製菓の減プラスチックへの取り組みについて調べてみた。
すると、ノントレーやスリム化といったエコ包装への切り替えが始まったのは2019年。最初は2商品から始められたのだとわかった。
プレスリリースによれば、2030年までに全商品のECOパッケージ化を目指しているという。

2020/3/23
2030年までに全商品を環境に配慮した包装に変えていきます。【PDF】 | 亀田製菓株式会社
https://www.kamedaseika.co.jp/admin/images/news/upload/2683.pdf

2020年度は包装のエコパッケージ化により、パッケージのプラスチック使用量を、150トン削減する目標だったという。

上のプレスリリースの段階では、ECOパッケージのラインナップは、11商品だった。

そして約1年半後の、下のプレスリリースでは、18商品に増えている。

2021/11/24
“内容量はそのまま”に、環境に配慮したECOパッケージへ!『海苔ピーパック』リニューアル!!【PDF】 | 亀田製菓株式会社
https://www.kamedaseika.co.jp/admin/images/news/upload/2946.pdf

やればできるのならば、なぜ、もっと早くに手をつけなかったのか、とも思う。
だがとにかく、菓子メーカーの大手が、包装の減プラスチックに着手したことは、評価したい。
たとえ遅すぎると思われても、やらないよりはやった方が、断然よいのであるから。

他のメーカーも、これに倣って、エコパッケージへの切り替えを始めてもらいたいものである。

関連記事

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

Tag : 環境 

C

omment


スイバを食した記事も面白そうだったのですが(後日コメントしたいです)、この記事も面白く知れてよかった記事でした。
最近、ウミガメの排せつ物から不織布マスクが出てきたという記事を読みました。
コロナ禍で海洋汚染に拍車がかかっているような気分になったので、良いニュースです。

そして、2020年に女子高生が過剰包装を無くしてほしいと書名を集め、亀田製菓に提出したことがありましたが、そのことも今回のリニューアルに関係しているのでは、と感じてなんだか嬉しくなりましたね。
こうした取り組みは良いことですし、声を上げることが無駄じゃないという気分にもなりました。

トギエモン URL | 2022/05/10 21:01 [ 編集 ]

Re: トギエモンさん
コメント、ありがとうございました。
環境問題関係の記事は、読者の方に、あまり興味を持ってもらえていない感があるので、反応をいただけたことがうれしいです。

> 2020年に女子高生が過剰包装を無くしてほしいと
> そのことも今回のリニューアルに関係しているのでは

この女子高生の行動については、私はちょっと、ひねくれた見方をしています。
亀田製菓の取り組み自体は、その何年も前から、開始されています。
なので、女子高生の行動に対して、亀田製菓が大々的に応えてみせた(ただ単に署名を受け取るのでなく、メディアに露出させた)のは、それがよい宣伝になるから。

「当社は、過剰包装の削減に取り組んでおり、今後もさらに進めてゆきます。お客様のご意見・ご希望にも、誠実に対応しております。環境問題に、前向きに取り組んでいます」と、会社のイメージアップにつながる。
女子高生は、それにうまく利用されてしまった。そんな気がします。

とはいえ。女子高生の行為そのものは、大量消費・大量廃棄をよしとする世の中に、一石を投じるものであったことは確かです。

けれど。そうやって目立つことをしてしまうと、他の場所で教えていただいたように、誹謗中傷を受けてしまう。別に、個包装をなくせと言っているわけではないのに。あんなことを言われてしまう。
それもまた、今の時代の現実なのですよね。

ハナさん* URL | 2022/05/14 20:43 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/553-f0d530b2


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR