40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2024/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

ギル不足にならないための、幾つかのコツ──セカスク情報局

TSUTAYAオンラインゲーム、Mobage、mixi、ヤマダゲーム等で提供されている、放置系RPG「ちょっと世界を救ってくるわ」(通称:セカスク)について。
武具のレアリティアップに伴い、武具の強化や限界突破に要する費用も高額となってゆき、ギル(本ゲームでの通貨単位)不足に悩むプレイヤーも、少なくないようだ。

だが私はある時期から、極めて計画的かつ効率的に、強化・限界突破をするようにしたため、ギル不足とは縁がなくなった。現在の所持ギルは、1,100万ギルを越えている。

ゆえに、個人的なギルの節約法、効率的な使用法等を記してみたいと思う。
(といっても、特別なことは何もないと思う。常識的なことの再確認である。それでも、考えなしに無駄遣いをしている方にとっては、参考になるやもしれない。)


※大原則・その1=ギルの無駄遣いをしない

①強化・限界突破は、必要最小限にとどめる
 (無駄な強化・限界突破はしない)

☆強化・限界突破は、キチンと方針を定めて、必要最小限にとどめ、無駄に行わないことが重要である。
 ・完凸・Lv.Maxを目指さない武具は、むやみに限界突破しない。
 ・最強装備に入る可能性があるために、完凸・Lv.Maxを目指して保持していた武具も、5個揃う前に状況が変わり、最強装備に入る可能性がなくなる=Lv.Maxを目指す必要がなくなることもある。そのため、武具が5個揃うまでは、限界突破しないでバラで持っているのが望ましい。
 ・イベントボーナス武具は、限界突破しないで並べて装備するのが常識であるが。イベント終了後も、Lv.Maxを狙わないものは限界突破せず、そのまま持っているべし。

☆イベントボーナス武具を強化する場合、その時点での最高レベルまで強化せずに、最大でも1レベル前で止めておく。強化の際、あふれる経験値が無駄になってしまうからだ。
 Lv.Maxまで強化する際に、経験値が多少あふれてしまうのは、仕方がない。だが、Lv.Maxでもないのに、経験値をあふれさせてしまうのは、もったいないではないか。
☆そもそも私は、イベントボーナス武具を、最大レベル近くまでは強化しない。せいぜい最大レベルの1/2か、2/3程度─現在の自分にとって必要な程度─までの強化にとどめている。

☆イベントボーナス武具のうち、成長タイプが晩成のものは、なるべく強化しないでおく。ステータスの上昇効率・強化の費用対効果が、極めて悪いからだ。
 

 *強化・限界突破の方針を定め、何(のみ)を完凸しLv.Maxまで育てるかを決めたら、それ以外の武具を処分(売却ないし強化材代用)する。個人的な武具の強化・限界突破&断捨離方針は、こちらで公開している。
武具の断捨離方針・改──セカスク情報局
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-518.html

 *むやみに限界突破をせず、武具をバラで持っているためには、倉庫にゆとりがなくてはならない。そのためにも、武具の断捨離は有用である。また、武具の売却収入も、馬鹿にはならない。

②武具の強化は効率的に行う

☆Lv.Maxにした不要武具を、強化材代わりに活用する。

 ・本ゲームにおける武具の強化は、強化に使用する物の種類やレア度に関わりなく、強化1回(強化物1個)ごとに一定の費用がかかる。ゆえに、強化効果の高いものを使用して、少ない強化回数でLv.Maxにするのが、断然お得なのである。

 ・完凸してLv.MaxにしたGR+武具を強化材代わりにした場合、強化材GR11個+UR1個強程度の効果が得られる。
 ・Lv.Maxの武具を強化材代わりにすることのメリットは、強化材が節約できるだけではない。Lv.MaxのGR+武具を強化材GR11個+UR1の代用にする場合であれば、11回分の強化費用が節約できる。CR武具の強化であれば、900×11=9900ギルの節約になるわけである。

☆使用する強化材のレア度をうまく組み合わせ、強化回数を可能な限り少なくする+あふれて無駄になる経験値が少なくなるようにする。
 ・強化材の経験値が、あふれて無駄になってしまっては、強化に使用したギルも無駄になってしまう。無駄は、なるべく避けよう。


※大原則・その2=ギルを稼げる機会に、思いっきり稼ぐ

①高額武具を拾える冒険は、応援依頼を出して、可能な限り多く行う

☆各イベントには、売却価格の高い「高額武具」を拾える冒険が幾つかある。
 それらを取りこぼすことなく、できれば応援を受けた状態で行う(応援されていると宝箱の発見率が上がるというのは、体感として真である)。

 ・地図イベの、星々の地図(フルの応援受けが可能)
 ・地図イベの、運命の地図(同上)
 ・聖獣イベ・塔イベの絶級(50分・150分。聖獣の方が、冒険時間的に効率はよいか)

 *地図冒険は、冒険できる数が限られているが、絶級は、時間と手間が許す限り、何度でも冒険が可能である。絶級では、高額武具だけでなく強化材(UUR~SSR)も拾えるため、かなりお得である(ステータス的に絶級のループが無理なら、超級でも可)。

☆スペシャルエリアの、黄金の砂漠を活用する。

 ・絶級を中盤以降まで行けるだけのステータスがないプレイヤーは、無理をせず無印に行くのが無難である。絶級でも無印でも、拾える高額武具の種類に違いはないのであるから(そこが、強化材の洞窟と異なる点である)。
 ・BPが5ある時に出発し、加速して冒険時間を減らし、応援受け時間の割合を高くすると、効率がよりよくなるかもしれない。

②超短時間冒険を繰り返す

☆時間と手間と労力をかけられるならば、超短時間冒険を繰り返し、ザコ武具を大量に入手することも有益である。①に比べ、質より量の売却で稼ぐということである。

 ・東ロンカの洞窟(1分)

 *言わずと知れたロンカ回り。経験値調整だけでなく、売却武具稼ぎでも、最も時間当たりの効率がよいとされる冒険である。周知のことではあるが、もしかしたら、ビギナーの方は知らないかもしれない。

 ・地図イベ・塔イベの入り口キープ(30秒未満)

 *入り口キープの最中には、茶色武具だけでなく、ゴールドロッドなどが拾えることもあるので、意外と稼げるものである。
  入り口キープの何たるかを知らない方は、こちらをどうぞ
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-447.html
   


〔番外〕
・ガチャを数多く引けば、たとえハズレばかりでも、それらを売却した収入は、かなりのものとなる。強化・限界突破するものを厳選して、他の高レア武具を売却すれば、収入はさらに増える。

・武具を処分する際、Lv.1 のものは強化材代わりにせず、売却すること。Lv.が低い段階では、強化材代用効率は、決してよくない。
・少しでもLv.を上げてしまったものは、強化材代わりにするのが望ましい。Lv.が上がっても、売却額に変化はないからだ。
・とはいえ、Lv.が低いうちは、強化材代用効率はそれほどよくない。ゆえに、売却した方がよいか強化材の代用とした方がよいかは、武具のレア度とLv.によって変わってくる。

関連記事

テーマ : ブラウザゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

Tag : セカスク 

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/527-a857d2c5


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR