40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2024/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

「専門家による心のケアが当たり前になる社会の実現」のため、寄付をしました

かつて私は、「必要な時に、必要な支援が、必要な人に届くことの重要さ」
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-277.html
という記事を書き、「必要な時に、必要な支援が、必要な人に届く仕組みづくり」をしようとしているNPO団体に、継続的な寄付をしていることを語った。

そして今回、新たに、「専門家によるのケアが当たり前になる社会の実現」を目指して設立された株式会社の、

「『ちょっと困った』を気軽に相談|専門家によるのケアを届けたい!」
https://readyfor.jp/projects/BANSO-CO

という、クラウドファンディングのプロジェクトに寄付を行った。

****************
私たちは、問題が「日常の些細なストレス」のうちに解決できるよう、
日常生活での困りごとを感じるすべての人に寄り添うサービス
「BANSO-CO」をリリースします。

〔略〕

私たちは「誰もが日常の中でのケアをすることが当たり前になる社会を実現したい!」という共通の想いから、2021年7月に株式会社BANSO-COを立ち上げました。

BANSO-COの中メンバーは研究者として、公衆衛生学・社会疫学・臨床理学の分野でメンタルヘルス不調や子ども虐待の予防に関する現場の聞き取りや研究をしていく中で、「必要な人に必要な支援が届いていない…。」という現状を常々感じていました。

「プロジェクト概要」より
https://readyfor.jp/projects/BANSO-CO
****************

****************
日本では、メンタルヘルスケアを受けるハードルが理的・時間的・金銭的に高いために、日常生活で「ちょっと困った」ことやストレスを感じていても、さらには、うつや不安などを自覚していても、支援につながっていない人たちがたくさんいます。

誰しもが適切な時期に適切な支援を受けなければ、メンタルヘルス不調に至ってしまう可能性があります。

「プロジェクト概要」より
https://readyfor.jp/projects/BANSO-CO
****************

****************
私たちは、​​〔略〕家庭や職場など日常生活でちょっとした困りごとを抱える人が誰でも、メンタルヘルスの専門家による予防的支援を気軽に受けられる社会を実現したいと考えています。

そうすることで、ちょっとした困りごとがメンタルヘルス不調、さらにはメンタルヘルス不調から生じる自殺やDV、子ども虐待といった重大な問題へと発展するのを防ぐことができると信じています。

少しでも早期に、少しでも多くの人が専門家とつながり、気軽に話ができる関係を築けるように。そして、メンタルヘルス不調に苦しむ人がいなくなる未来へ。

このような社会・未来の実現に、ぜひ皆様のお力を貸してください。

どうぞよろしくお願いいたします。

「プロジェクト概要」より
https://readyfor.jp/projects/BANSO-CO
****************

私自身は、必要な時に必要(適切)な支援を受けることができなかったばかりに、抱えている問題が複雑化・長期化していく一方だった。
そのために、心の問題を乗り越えて社会復帰を果たすまで、何十年もかかってしまった。

支援は、何でも、ただ受ければいいというものではない。その人にとって適切なものでなければ、問題は、却って悪化してしまう。
素人のいい加減なアドバイスや、身の程知らずの援助が、その人の人生を壊してしまうことすらあるのだ。

必要な時に、その人にとって必要(適切)な支援が受けられるということは、この上もなく重要なことなのである。

このプロジェクトの支援募集は、明日の午後11時まで。現在は、ネクストゴールの3,000,000円 (第一目標金額は、2,000,000円)の達成を目指している。

************
少しでも多くの人が専門家とつながり、気軽に話ができる関係を継続的に築けるように。そして、メンタルヘルス不調に苦しむ人がいなくなる未来のために、最後まで尽力して参ります。

〔略〕

専門家による心のケアが当たり前になる社会の実現のために。どうか拡散のご協力・ご支援にお力添えいただけましたら幸いです。

「【本日シェア祭り!】第一目標達成のお礼とネクストゴールへ」より
https://readyfor.jp/projects/BANSO-CO/announcements/196132
*************

より詳しくは、こちらの
「プロジェクト概要」から。
https://readyfor.jp/projects/BANSO-CO

支援(寄付)は、3,000円から可能です。

関連記事

テーマ : メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

Tag : 支援    NPO  寄付 

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/519-1d6d8162


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR