40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2024/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

病病介護短歌:見る度に嫌な気になる物あれど……


見る度に嫌な気になる物あれど
          それでも暮らしただ進めゆく

*先日、長野市保健所管内での新型コロナウイルスの感染が拡大したことで、長野圏域の感染警戒レベルが4に引き上げられ、「新型コロナウイルス特別警報」が発出された。
そのためなのか、行きつけのスーパーのレジでは、透明仕切りの向こうの店員が、マスクに加えフェイスシールドを着用するようになっていた。

現在の私は、フェイスシールドを目にしたり、その名前を見たり聞いたりすると、精神的にちょっと困った状態になってしまう。

それは、
随時追記ごとに更新「……一大決心をして、新たな一歩を踏み出した件」の続報
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-267.html
の追記、
6/16(火)29回目分の最後の方に書いた、人間関係の些細な行き違いに由来することだ。
**********
※上(前回分)に記した、成果を報告する記事は、もう少し先になりそうだ。
6月第1週の半ばから生じた、人間関係の些細な行き違いの関係で、私の心が大きく乱れるとともに、それへの対応に多大な時間と労力を費やしてしまったため、ゴミ屋敷脱出作戦で大きな成果があがりそうだったよい流れが、ストップしてしまったからだ。

(略)

(略)

(略)

それでもやはり、今回の件をきっかけにして、ゴミ屋敷脱出作戦が止まってしまったということもまた、一面の事実ではあるのだ。
**********

自分なりに乗り越えたはずだったからこそ、ゴミ屋敷脱出作戦も再開できたし、10月には、大きな成果が挙がったことの報告
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-440.html
もしたわけなのだが。

ここに来て、その問題が蒸し返されてしまったような状況になってしまっているからだ。

ただまぁ、こういったことは前にもあった。
2014年の秋、ブラウザゲームに付属する小規模SNSでの人間関係のトラブルによって、ありとあらゆる辞書を目にしたり、辞書という言葉を見聞きするだけで、吐き気がするという状態になったことがある。

校正を生業とする以上、ほぼ毎日のように辞書を引く必要に迫られるわけだし、机の周りには各種の辞書が何冊も積み上がっている。
なので、あの時は本当に往生した。

けれどまぁ、あの時だって。
森田療法の知恵に従い、そうした困った状態はそのままにして、普通の生活をただ続けてゆくことで、乗り越えた。半年以上かかったけれど、件の小規模SNSにも復帰した。

考えてみれば、「セカスク会議室」カテゴリで多くの記事を書いている放置系ゲームでの、人間関係のトラブルでも。「○○なんか、もう見るのも嫌」とか「忌まわしい記憶を呼び覚ます、ある特定の行動ができない」等という状態に、1年近く陥っていたりしたことはあるのである。
だがそれも、自分なりに懸命にプレイを続けるうちに、いつしか消えていった。

だから、今回も。
それはただそのままにして、普通に生活してゆくことで。フェイスシールドを目にしても大丈夫になる時は、遠からずきっと、やって来るのだと思う。
(遠回しに、今回の行き違いも、ネット上の人間関係に関するものなのだと言っている気がする。)

〔23時過ぎ・追記〕
本日、帰宅してからこんなものを書いていて、夕食のしたくを始めるのが遅くなってしまったら。
案の定、あれこれとうまくない事態が生じてしまった。

やはり、現在の私が置かれた状況では。
平日は、家事・介護を優先しないと、色々と困ったことになってしまうわけだ。

関連記事

テーマ : メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

Tag : セカスク  校正  森田療法  ネット  介護 

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/450-5530f20c


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR