40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2024/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

追記あり:廃プラスチックに占拠された、台所のシンクと調理台が復活した件

初投稿:2020/09/26 20:16
(この記事でも、その後の成果を追記の形で記録することにした。)

病病介護の日々のなか、家の中がゴミ屋敷と化してしまっている。
2017年の晩秋から、「ゴミ屋敷脱出作戦」を一人で細々と続けてきた。だが、家の中の状態をトータルで見ると、家のゴミ屋敷化はますます進んでゆくばかりだった。

そしてとうとう、昨年の春には、台所のシンクと調理台が廃プラスチックで一杯となり、洗い物や調理が非常に難しい状態となってしまった。
こんな風に。


その後も、さらに状況が悪化してゆくなか、
昨年の10月から、
「この連休に一大決心をして、新たな一歩を踏み出した件」
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-266.html
で記し、随時追記・更新する形で、経過を報告
「随時追記ごとに更新『……一大決心をして、新たな一歩を踏み出した件』の続報」
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-267.html
してきたように、週に1回ずつ、本格的な心理療法を受けはじめた。

その成果のひとつとして、台所に溢れかえっていた廃プラスチックを片づけることができ、シンクと調理台が復活した。


これでようやく、思う存分洗い物ができるし、調理らしきものもできる。
調理台が廃プラスチックに占拠されている時は、まな板で食材を切るということすら、ままならなかったのである。

昨年の秋から受けている精神療法の成果は、様々な面で表れてきている。
だが、明白に効果があったということを、一般の方々にわかっていただくためには、こういった目に見える変化を示すのがよいと思ったのである。

今度こそ近いうちに、「一大決心をして踏み出した、新たな一歩」とは何であるのかを、具体的に記事として示すつもりである。
(過去記事を継続的に読んでくださっている方々には、それが精神療法を受けることなのだということは、すでにおわかりのこととは思うが)。


〔10/1 追記〕
9/28(月)
・休日でも、外出できるようになった。

この日は、ひと月遅れのバースディ休暇(勤務先では、年休取得促進のため、誕生月かその次の月に年休を取る決まりがある)。
最近は、休日でも昼頃には起きられるようになった(昨年までは、夕方まで起きられなかった)が、外出することは非常に困難だった。

だがこの日は、とても自然に、母の薬をもらいに近くの医院に行くことができ、帰りにドラッグストアで買い物もできた。
そうやって昼に活動したためか、早め(午前2時過ぎ)に入眠でき、翌日への差し支えもほとんどなかった。
いつもの週始め(連休あけ)は、前の夜の入眠が4時頃になってしまい、2時間程度しか眠れていないため、日中眠くてたまらず、パフォーマンスも極めて悪いのだが。この日は、そうではなかったのである。
なかなか、よい感じである。

9/30(水)・10/1(木)
・夕食の副菜の数が、3皿に戻った。

一昨年の12月上旬に、

副菜の数が減りゆく危うさよ
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-163.html

と詠ったように、夕食の副菜の数が2皿に減ってしまっていたのだが。昨日今日と続けて、副菜を3皿に戻すことができた。
なんと言うか、精神の基礎体力のようなものが上がってきて、それだけの余力のようなものが出てきたのだ。

そうやって野菜類をたっぷりと摂り、(サプリメントではなく)食物から十分な栄養を補給できれば、心身のエネルギーレベルは、さらに上がってゆくかもしれない。
うん。なかなかよい善循環になりそうだわ。

これらのことが、精神療法を受けた成果であるのか否か。その論証は、不可能なのだけれどね。

関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Tag : ゴミ屋敷  精神療法  介護 

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/434-27c8a561


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR