身体症状症を乗り越えきれぬ身で、母親の介護をする日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2020/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

これぞ、ワイルドな花壇!

4月下旬から、休日にコツコツと続けてきた、庭や花壇・元家庭菜園の草取りが、一段落した。

こんな感じだったものを、きれいに取り去ったのだ。


そうこうしているうちに、
「ワイルドな花壇に、マーガレット咲いた」
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-390.html
の記事に掲げた、元家庭菜園のマーガレットが、満開になった。


元家庭菜園の西半分に、一面に咲き乱れ、私が歩くところがないくらいである。
奥に咲いている赤い花・ナガミヒナゲシの辺りなどには、ヒエンソウが育ってきている。

また、花壇の東側では、アヤメの花が見頃になっている。


ちなみに、左下の方に、少し感じの違う花がひとつある。この写真では見えないが、葉の感じも違う。このように。


調べてみたら、こちらはドイツアヤメだった。

草取りに、毎年かなりの時間と労力を費やしても、その結果、こうやってきれいな花が雑草に負けずに咲いてくれるのであれば、がんばる甲斐があるというものだ。
世の中には、人生には、どんなにがんばっても報われないこと、どれだけ時間と労力を費やしても、それに見合う結果が得られないものがある。

そのことを思えば、努力が確かに報われる草取りは、どんなによいものであるか。そんなことを、どうしても考えてしまうのである。

関連記事

テーマ : ガーデニング
ジャンル : ライフ

Tag : 草取り 

C

omment

頑張ってますね、。
庭の手入れ確実に実績をあげてますね、草取りをして花が咲きその花に語りかける。実績を自分のものにしたのではありませんか?
<時間と労力をかけても報われない、、、、>
山登りに例えれば一歩、一歩登って行けばその場の高さの景色が見えると思います。また一歩、一歩登って行けばまた違った景色、感動を得られと思います。
名もない花(私が知らないだけですが、、。)が道端に咲いてるのをみると
つい、「立派に咲いて偉いね、。」と声をかけてしまいます。頑張りましょう。

私のひとりごと URL | 2020/05/26 07:00 [ 編集 ]

Re: 頑張ってますね、。
コメント、ありがとうございました。

ちょっと、誤解があるようなので、説明いたします。

「世の中には、人生には、どんなにがんばっても報われないこと、どれだけ時間と労力を費やしても、それに見合う結果が得られないものがある。

そのことを思えば、努力が確かに報われる草取りは、どんなによいものであるか」

と、書きました。
草取りは、「努力が確かに報われる」ものの代表です。
世の中には、努力が報われないものもたくさんあるけれど、草取りはそうではない。報われるものだ。

そういうことなのです。よろしくどうぞ。

ハナさん* URL | 2020/05/26 10:24 [ 編集 ]

私は「人の心がわからない」者ですが
こんばんは。
具体的には書かれていないので、詳しいことはわかりませんが、何か、とても報われない体験をなされたのですね。

どんなにがんばっても報われることはなく、どれほどの時間と労力を費やしても、それに見合う結果が得られず、全ての努力が水泡に帰してしまうような、辛い体験を。

それがどんなものなのかは、私には知るよしもありません。そして、それがどれほど辛く、悲しく、苦しいことであったのかも、私にはわかりません。

たぶんおわかりだと思いますので、説明はしませんが、私は、このHNの元ネタの騎士王がそうであるように、「人の心がわからない」者です。
それでもせめて、「自分にはわからないということは、わかる」存在でありたいと、思っております。
私にはわからないけれど、この方は、何かとても辛い思いをされたのだということは、推測できる、感じ取れる人間でありたいと。

そして、いつの日か、そうした心の傷が癒されることを願います。
あの騎士王のマスターの一人が、あれだけの犠牲を払い、必死の思いで懸命に努力して手に入れた聖杯にかけた願いが、あんな風に踏みにじられ、本当に全てが無駄だったという事実を突きつけられても。
自身が助けた養い子に心を救われ、最期は安心して逝けたように。
何らかの心の救いが得られることを、祈っております。

アルトリア URL | 2020/05/26 23:34 [ 編集 ]


お疲れ様でした。

すごくきれいになりましたし、マーガレットが咲き誇っている画像にとても癒されました。
目標をもって努力することの大切さを感じて、良い気分になりましたね。

また、花の名前が出てきて良かったです。最近、動植物の名前を判定してくれるアプリをダウンロードしたのですが、そのこともあって、興味が高まっている所でした。

八手3 URL | 2020/05/29 09:27 [ 編集 ]

Re: 私は「人の心がわからない」者ですが
コメント、ありがとうございました。

> たぶんおわかりだと思いますので

はい、わかります。ゲームはプレイしたことありませんが、アニメの方はそれなりに見ていますから。

> せめて、「自分にはわからないということは、わかる」存在でありたい

すぐにわかってしまう(わかったつもりになっているだけで、実は、何もわかっていない)人が少なくないことを思えば、このあり方は、何てステキなのだろうと感じます。
レベルの高い心理治療者ほど、人の心のわからなさを知っており、簡単にはわかったと思わないものなのですから。

> マスターの一人が……本当に全てが無駄だったという事実を突きつけられ

これは、切嗣のことを言っているのですよね。
私自身、ああいう非現実的な願いを本気で抱いていたこともありますから、彼には親近感があります。私が体験したことは、当然、彼ほど悲惨ではありませんが。

それでも、高校時代という青春真っ盛りの時期の数年を、そのためだけにがんばってきた結果がコレだというのは、あまりにもヒドイよなぁ、という次第です。

> 何らかの心の救いが得られることを、祈っております

本当に、ありがとうございます。確かに、何らかの形で償うことは、できるのかもしれないと思います。
最初になすべきは、それが無駄だったという事実を、認めることですね。

世の中には、無駄な努力という捉え方がお気に召さない人がいる。
あるいは、自分のしたことは、決して無駄ではなかったと、無理にでも思い込もうとする人。自分の行為に何らかの意味を、無理にでも見出そうとする人もいるようですが。
少なくとも過去の体験については、客観的で、過不足のない事実を認めることが大切です。事実を認めなければ、直視しなければ、何も始まらない。

自分が今現在行っていることに関しては、自分の行為は決して無駄ではない、徒労には終わらないと信じて、がんばり続けることも必要でしょうが。

ハナさん* URL | 2020/05/31 20:49 [ 編集 ]

Re: 八手3さん
ありがとうございます。

一昨年のヒドイ状況では、まさかここまで一面に咲き乱れるようになるとは、予想もできませんでした。
これが、自分の努力の成果だと思うと、とてもうれしいです。そして、そのことを肯定的に評価してもらえると、さらにうれしいです。

> 動植物の名前を判定してくれるアプリ

これ、便利そうですよね。私もほしいと思って、比較検討したのですが、この古いスマホでは使えないので……(まだ、買い替えていないのですよ)。
家の周囲にある草花は、ほぼ全て名前を調べられたのですが、庭木に関しては、名前のわからないものが、幾つかあるのです。

ハナさん* URL | 2020/05/31 22:03 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/392-46be2864


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病病介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
精神疾患(身体症状症〔身体表現性障害〕)歴38年。
校正者として、非正規雇用勤続26年。
アニメーションの研究で修士号取得。
博士号は、論文が書けずに未取得(博士課程・単位取得満期退学)。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
Tree-Comment
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR