40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2024/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

ほぼ放置の花壇にも、こうやって花は咲く

両親が健康だった頃、わが家の庭や花壇はキチンと手入れされ、季節ごとにきれいな花を咲かせていた。90㎡ほどの家庭菜園でも、各種の野菜を栽培していた。

それが、父が健康を害してからは、半ば放置となり、父が逝ってからは、ほぼ放置状態になってしまった。
そして、母もまた病気(悪性リンパ腫脊柱管狭窄症)になり、ほとんど寝たきりとなってからは、庭と花壇は完全に放置され、家庭菜園は、元家庭菜園となり果てた。

一昨年から、ようやく私が春や秋の休日に、庭や花壇・元家庭菜園の草取りをするようになっても、焼け石に水でしかなかった。非正規とはいえ働きながらの、病病介護の片手間では、やれることには限りがある。
その辺りの状況は、以下の「草取りなど」カテゴリの記事で、知ることができるだろう。
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-category-17.html

そのような、ほぼ放置状態で、雑草が繁茂する庭や花壇であっても。かつて育てていた花々が、あるいは植えた・種をまいた覚えのない草花すらもが、いずこからか運ばれてきて、季節ごとに何かしらの花を咲かせてくれる。

この春は、少し前までスイセンとプリムラが盛りだった。チューリップも咲き始めた。
よく見ると、花壇の中央で咲いている一群の他に、マサキの木の下にポツンと咲こうとしている花がある。


草に埋もれてしまっているので、また草取りをして、救い出してあげなければなるまい。

こんな風に、ほとんど放置されている花壇にも、花は咲くのだ。決して、絶えてしまうことなく。
自然の力・生命力とは、本当に侮り難いものだ。

こうしたものを見るにつけ、自分の内なる自然、生命力、いわゆる自然治癒力というものも、信じてみたい気持ちになる。そうした力に身を委ねてみることも重要なのではないかと、そんな風に感じているところなのである。

関連記事

テーマ : ガーデニング
ジャンル : ライフ

Tag : 草取り  非正規  介護  悪性リンパ腫  脊柱管狭窄症 

C

omment


お疲れ様です。

腰は少しは良くなられましたか?
無理なされないでくださいね。
除草作業を気にされておりますが、写真を見ると自然な状態でなんだかそれでいいような気がしましたね。

そういえば、私は月に1回ほど支援して下さる方と、面談をしていたのですが、コロナウィルス騒動のせいでそれが難しくなり、代わりにWeb会議ツールであるZoomで出来ないか検討していると言われました。ハナさんの周りではそうした動きはありませんか?_

八手3 URL | 2020/05/02 13:31 [ 編集 ]

Re: 八手3さん
ありがとうございます。

腰の方は、痛みはかなりひいてきました。
ただ、姿勢によってはまだ少し痛むので、あまり無理はできないように感じます。
腰は、一度痛めると癖になるというようなことも言われますが、どうなのでしょう。気をつけるに越したことはないですね。

> 写真を見ると自然な状態でなんだかそれでいいような気が……

そうですか?
だったら、真ん中のチューリップのような、咲こうとしている花、これから伸びようとしている草花の周りや、人の通り道の所だけ草を取るようにして、他はそのままにしようかしら。
他は、ワイルドで自然な花壇です、ということにして。

> 面談……代わりにWeb会議ツールであるZoomで出来ないか検討……

私が電話カウンセリングを受けている方のセラピールームでも、対面で行っていたセラピーは、順次、Zoomか電話での相談に切り替えているそうです。
こんな感じですね。↓↓
http://angiem.blog137.fc2.com/blog-entry-330.html

あと、新型コロナ対策に限らずのことなのですが。
先日、勤務先の最重要お得意さま出版社(本社:東京)から、Zoomを使用して、校閲作業のやり方について、インタビューを受けました。
また後日、お得意さま出版社の校閲者養成プログラムについて、「校閲のプロ」として、Zoomを介してアドバイスをすることになるかもしれません。

そんな感じで、Zoomはあちこちで導入・活用されているようです。同世代の同僚は、Zoom飲み会をしたと言っていました。
セラピストの先生は、Zoomの使用になかなか慣れなくて、大変だとおっしゃっていましたが。

上の、「校閲のプロ」(先方の言葉)という語を見て。思わず、「私は、(戦闘のプロの)剣鉄也か?」と思ってしまいましたよ。何とかのプロといったら、真っ先に彼が浮かびますから。
1970年代のアニメとか「スパロボ」に詳しくないと、通じないネタですね。

ハナさん* URL | 2020/05/02 14:17 [ 編集 ]

庭の手入れお疲れ様です。
花を見つけましたね。
何も文句は言わず花は咲いています。自分なりの美しさをしっかり持って
咲いているんだと思います。
そんな花のように生きられたらいいと思います。
そんな花を見つけたことは感性を強く持ってるだからと思います。
感受性がある人は心を豊かにしてくれると思います。
昔し、退職した時、先輩からもらった一言思い出します。
「どんな道にも花は咲く。」と、、、。

私のひとりごと URL | 2020/05/02 20:53 [ 編集 ]

Re: 庭の手入れお疲れ様です。
コメント、ありがとうございます。

花自身は、ただそこに自然体で咲いているだけで、特に何も考えてはいないでしょう。
けれど人間は、ある特定の状況で咲いている花を見ると、そこに何らかの意味を読み込んでしまいがちです。
自身の想いを、投影してしまうのでしょうね。
そしてそのような花に、何らかの希望を感じたり、励まされたりする。おもしろいものです。

ただ単に花が咲いているという、それだけのことをスルーしてしまわずに、そこから何かを感じ取ることができる。そうした人間は、確かに人生をより豊かに、深く味わって過ごすことができるのかもしれません。
感じやすい分、悲しさや寂しさ・辛さなども、余計に感じてしまいがちですが。

> 「どんな道にも花は咲く。」

そうです。
私がこの花、独りでもすっくと立って、凛として咲こうとしている花のつぼみに託したかった思いは、そうした「希望」のようなものでした。
その思いを受け止めていただき、本当にありがとうございました。

ハナさん* URL | 2020/05/02 23:42 [ 編集 ]

この記事、本日の記事ランキング第4位!
タイトルにあるように、この記事が、本日付けのメンタルヘルスカテゴリ・記事ランキングの第4位だった。
私としては、最高記録か?

でも、ブログの方のランキングは、サブジャンル・67位→79位に下がっているのだよね。
ここのランキングも、よくわからん。

ハナさん* URL | 2020/05/03 20:05 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/381-efefd373


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR