40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2024/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

草取りに精を出したら、腰を痛めてしまった件

一昨年から毎年、春から初夏にかけて、庭や花壇、元家庭菜園、家の横にある私道などの草取りをしている。
→「草取りなど」カテゴリ
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-category-17.html
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-category-17-1.html

そして今年も、元家庭菜園が

こんな感じになってきたので。
今月の半ばから、休日の草取りを少しずつ始めていた。

今日もまた、夕方は草取りに精を出していたのだが。花壇の奥の方の草を取ろうと、中腰の状態で右斜めの方向に、右手を思い切り伸ばしたら。
「イタタタタタ……」
腰の右側の筋(?)を痛めてしまったようで、痛みのため、しばらく立ち上がれなかった。

しばらく休んだら、どうにか立ち上がって歩くことはできるようになった。姿勢によっては痛みも感じなくなったため、痛くない姿勢で草取りを続けたのだが。
現在も、姿勢によっては痛みを感じる。いつものように、中腰で左右に手を伸ばして、草取りに精を出すのは難しそうだ。草取りはやってできないことはないが、能率がかなり落ちてしまうだろう。

軽く調べてみたところ、いわゆるぎっくり腰(急性腰痛症)の軽いもの、急性の筋・筋膜性腰痛症だと思われる。
整形外科や整骨院に行くほどではないし、新型コロナウイルス問題が世を騒がせている、こんな時期である。市内の整骨院で、集団感染が出たばかりでもあるから、受診は憚られる。
湿布薬やサポーターなどの、自分でできる対処をして様子を見るとしよう。

力仕事をして腰を痛めるなんて、他人事だと思っていたが。
やはり、50代半ばともなれば、身体にこうしたトラブルも生じてしまうようだ。いわゆる、寄る年波には勝てない、というやつだ。心因性の身体症状云々とは別に、加齢による身体の衰えは、確実に訪れる。
そしてさらに、日々の校閲の仕事で、首から肩、背中などの筋肉が、ガチガチに凝り固まっているのに、対処がおろそかになっていることも、原因のひとつであろう。

仕方がないので明日は、草取りに費やすはずの時間と労力を、家の中のゴミ片づけに回すとしよう。
手をつけやすい草取りばかりに精を出していると、ゴミ屋敷脱出作戦が進まない。ならば、これもまた、天の配剤というものであるかもしれない。

関連記事

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

Tag : 草取り  心因  身体症状  ゴミ屋敷  校閲 

C

omment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2020/04/27 09:55 [ 編集 ]

Re: 04/27非公開コメントさん
ありがとうございます。
確かにその職種では、腰への負担が語り草になっていますよね。
おっしゃる通り、専門的な治療を受ければ、治りも早いのでしょうが、こんなご時世では……なのです。

おかげさまで、少しずつよくなってきてはいますが、まだまだ、前屈みになったりすると痛みます。

市内にある整骨院での集団感染は、更なる拡大はなかったようで、ひと安心です。

例の番組、教えていただいたURLからだと、どうにか聴けそうです。
私のスマホでは、動作は保証の限りではない、なんて表示が出ていますけど。聴くだけなら、たぶん大丈夫だと思います。
連休中に、時間をとって聴く予定です。
そうしたら、そちらの記事に感想を書きに行きますね。

ハナさん* URL | 2020/04/29 16:50 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/376-01c92f57


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR