身体症状症を乗り越えきれぬ身で、母親の介護をする日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2020/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

新・病病介護短歌:分別もせぬままゴミを出すよりは……

1月中に作ってあったのだが、なぜか今頃の発表になってしまった。


分別もせぬままゴミを出すよりは
         ゴミ屋敷こそマシと知るべし


*わが家のゴミ出しが滞って、ゴミ屋敷化が進んでしまっている一番の理由は、私が、ゴミの分別に完璧を期そうとしているからに他ならない。
それは、環境問題に関する、異常なまでに高い意識に由来するものだ。

認知症が進んできている母は、どんなに頼んでも、資源物の廃プラスチックと可燃ゴミを、一緒に袋に入れて、汚してしまう。
私はそれを、キチンと分別し直し、汚れてしまったプラスチックは、洗い直さずにはいられない。洗えば資源物として出せるプラスチックを、可燃ゴミに混入するような、いい加減なゴミ出しは、絶対に許容できない。

完璧な分別、完璧なゴミ出しをしようとしているから、病病介護が大変で時間が足りなすぎる日々のなか、ゴミ出しが滞り、出せないゴミが溜まっていってしまうのだ。

その事を理解せずになされるゴミ出しのアドバイスは、ことごとく無意味である。

分別すらキチンとせずに、何でもレジ袋に入れて集積所に出すような、そんないい加減なゴミ出ししかしていない人に、ゴミの出し方の指導をされたくはない。
そんな適当なゴミ出しを、「楽でいい」と肯定しているような環境意識の低い人に、説教なんぞはされたくない。

私は、そんないい加減なゴミ出しは、死んでもできない。いや、したくない。そんな真似をするくらいなら、家がゴミ屋敷になった方が、まだマシである。

これこそが、私の、紛うことなきホンネである。

重要なのは、己の完全主義と、どう折り合いをつけてゆくか。
今は仕方がないのだからと、自分がいい加減なゴミ出しをしてしまうことを、少しは許容すること。自分が、適当なゴミ出しをしてしまう人間になってしまうことを、受け入れてゆくこと。

片づけ方のご指南など、見当違いも甚だしい。

関連記事

テーマ : 自分らしく
ジャンル : 心と身体

Tag : ゴミ屋敷  環境  認知症 

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/347-d03cfb20


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病病介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
精神疾患(身体症状症〔身体表現性障害〕)歴38年。
校正者として、非正規雇用勤続26年。
アニメーションの研究で修士号取得。
博士号は、論文が書けずに未取得(博士課程・単位取得満期退学)。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
Tree-Comment
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR