身体症状症を乗り越えきれぬ身で、母親の介護をする日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2020/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

長野市のマイバッグ持参率46%って、少なすぎると思ったら……

先日、行きつけのスーパーで、マイバッグ持参の啓発ステッカーを見かけた。
そこには、長野市内のスーパーで実地調査をした結果、長野市のマイバッグ持参率は46%だったと記されていた。

「ずいぶんと低いものだ」と驚くと同時に、そんな体たらくであるから、「全国で一番ゴミ排出量が少ない県でも、県庁所在市は全国平均よりも多い」
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-335.html
などという、情けない結果になってしまうのだと、納得した。

だが、次にそのスーパーに行った際、あらためてそのステッカーをよく見たら、46%というのは、平成23年度の調査結果だった。
「いったい、何年前の数値を載せているのだよ」と呆れるとともに、近年の調査結果はないのかと、疑問に感じた。

そこで、当該調査を行ったという「ながの環境パートナーシップ会議」のホームページがないかと、ネット検索をしてみた。もしホームページ等があれば、そこに最新の調査結果が載っているのではないかと思ったからだ。

案の定、「ながの環境パートナーシップ会議」のサイトは存在していた。そしてそこには、平成30年度の調査結果が掲載されていた。

*************
平成30年度のマイバッグ持参率調査を実施しました
2019.03.29

ながの環境パートナーシップ会議レジ袋使用削減プロジェクトチームは、3月14日・15日に市内5ヶ所のスーパーで「平成30年度マイバッグ持参率調査」を行いました。

5ヶ所全体の持参率は67.5%という結果になり、前年度の60.3%と比べ大幅に上昇しました。

http://nagano-ep.net/news/平成30年度のマイバッグ持参率調査を実施しました/ より)
*************

なんのことはない。平成23年度の調査時点で目標としていた60%には、既に達していたのだ。70%弱というのは、決して多いとは言えないが、少なすぎるわけでもないだろう。

いったいなぜ、あのスーパーは、あんな昔のステッカーを、貼り続けているのだろうか?
あえて悪い数値を見せることで、客の奮起を狙う……はずはないか。ただ単に、「ステッカーが、その年に作成されたものしかない」というような理由であろう。

上記サイトの記事は、「引き続き、同チームでは、プラスチックごみを減らすために、マイバッグなどの持参を呼びかけていきたいと思います」と、締めくくられていた。
長野市では、この団体が中心となって、レジ袋の削減運動を進めているわけだ。

そして、長野県の方では「レジ袋削減県民スクラム運動」
https://www.pref.nagano.lg.jp/haikibut/kurashi/recycling/shigen/regibukuro/index.html
が推進されている。
昨年9月の調査では、県全体のマイバッグ持参率は、69.0%だということだ。

実のところ、家庭から排出されるプラスチックゴミにおけるレジ袋の割合は、容積比率にして、1.2%程度にすぎない(環境省:容器包装廃棄物の使用・排出実態調査の概要(平成30年度):http://www.env.go.jp/recycle/yoki/c_2_research/research_H30.html より計算)。

それでも、一般消費者が最も手っとり早く、気軽に、環境問題に取り組める行動が、レジ袋削減=マイバッグ持参であることは確かである。

私自身はもう、1990年代から行っていることである。こんな時代になっても、マイバッグ持参がなかなか普及しないのは、私には、理解し難いことでしかない。
他の人々は、なぜ、こんなにも環境問題に無関心でいられるのか。なぜ、これほどまでにエコに無頓着で、いい加減なゴミ出しをしても平気でいられるのか?
本当に、理解できない。
けれど、意識の違いというものは、いかんともし難い。

私にできることはただ。
こうやって、こんな泡沫ブログにおいてでも、ゴミ減に関する思いを、とにかく発信し続けることである。

関連記事

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

Tag : 環境  ネット  ゴミ 

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/344-7c30a06d


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病病介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
精神疾患(身体症状症〔身体表現性障害〕)歴38年。
校正者として、非正規雇用勤続26年。
アニメーションの研究で修士号取得。
博士号は、論文が書けずに未取得(博士課程・単位取得満期退学)。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
Tree-Comment
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR