40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2024/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

OVA のサポーター募集キャンペーン、とっくに終わってた

本ブログで何度か紹介している、「助けを求められない若者に、支援の手を届かせよう」という活動をしている、NPO法人のOVA(オーヴァ)。

「一緒に誰もが安心して『助けて』と言える社会づくりをしませんか」という団体があります
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-276.html
必要な時に、必要な支援が、必要な人に届くことの重要さ
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-277.html
「助けを求められない若者」に支援の手を差し伸べる団体があった!
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-63.html
「助けを求められない若者を支援する団体」への継続寄付手続き完了!
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-64.html

その団体の、サポーター(継続的支援者)募集キャンペーンが、12月11日で終了していた。
https://syncable.biz/campaign/714/

結果、寄付額は、目標の60%弱。
獲得したサポーター数は、「支援者数」として表示されているものが、そうであるのならば、3分の1余である。
私は、過去記事に書いたように、Yahoo!ネット募金を通じて、既にサポーターになっているので、もう、なるわけにはゆかないのだ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
サポート頂くことで、直接的に困っている方や生活課題を抱えている方を支えられるわけではありません。

しかしながら、困りごとを抱えている人に支援や情報が届く仕組みや社会を作る過程を一緒に進められると考えています。

また、年内に100人以上の方にサポーターになって頂くことで、ご寄付が税控除対象になる「認定NPO法人」資格の申請条件を満たすことができます。

全国50,000以上のNPOの内、約2%しか取得していない認定資格です。

OVAは2021年度の取得を目指しており、それによってサポーターの皆さまのご寄付の負担を減らし、事業を通した社会的な効果をより大きくできると考えています。

キャンペーンページ
https://syncable.biz/campaign/714/
より抜粋
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

目標としていた、「年内に100人以上」というのが、「新たに」の意であるのならば、目標は達成できなかったということになる。
「新たに」ではなく、既に存在したサポーターと合わせて100人以上ということならば、どうなのだろうか?

認定NPO法人について、ザッとしらべてみたら、
「実績判定期間内の各事業年度中の寄附金の額の総額が3,000円以上である寄附者の数が、年平均100人以上」
(「認定特定非営利活動法人制度(認定NPO法人制度)の概要」
https://www.npo-homepage.go.jp/about/npo-kisochishiki/ninteiseido より)
ということであるから、「新たに」ではなさそうである。

では、結果はどうだったのであろうか。
その辺りのことも、いずれはメール等で報告があるのかもしれないが。

私個人は別に、自分のこの団体への寄付が、寄付金控除の対象にならなくても構わない。
返礼品目当てにふるさと納税をするというように、下心があって、寄付をしているわけではないのだから。

それでもまぁ。こうしたNPO法人は、そうした認定を受けた方が、社会的な信頼性は高まるのだろう。

今の私にできることは、本当に少ない。それでも、私にできる範囲で、この団体のサポートを続けてゆきたいと思う。

関連記事

テーマ : NPO
ジャンル : 福祉・ボランティア

Tag : NPO  支援 

C

omment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2019/12/23 01:02 [ 編集 ]

Re: 12/23非公開コメントさん
興味を感じていただき、ありがとうございます。

あの電話をご存知だったのには、そうした事情もあったのですね。

この分野は、受ける側にいた者が、与える側に行きやすい世界のような気がします。その逆もまた、しかりですが。
受ける側にいても、あるいは受ける側にいるうちでも、少しでも与えることはできる。そんな感じでしょうか。

セリフについては、合っていましたか♪
あの時代の作品は、ほとんどのセリフがインプットされており、時に応じて、思い出せてしまう感じです。

30年以上も経っているのに。いかに、魂に深く刻み込まれているか……ですね。

ブログに何を求めて、何を書いてゆくかは、人それぞれであるでしょう。
それは、当人の自由。どのようなあり方が望ましいかと、優劣をつけることなど、してはならないはずですが。

社会改革といった方面での、発信を目指している私としては、そのように受け取っていただけると、とてもうれしいです。

ハナさん* URL | 2019/12/24 20:53 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/319-d2953234


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR