40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2024/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

新・病病介護短歌:久々にマトモな夕餉とりし時………

10/27(日)
久々にマトモな夕餉とりし時
      食は命のモトと悟れり


*昨日の記事
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-269.html
で、もう何日もマトモな食事をしていないこと、病病介護における、ギリギリの最後の砦を崩してしまったことを詠った。

その後、何とかがんばって、マトモな夕食──主食に加え、主菜と3種の副菜と汁物が揃ったもの──を、作って*食べた。夜にマトモな食事をしたのは、火曜日以来だ。

栄養のバランスがとれたマトモな食事をしたら、空腹が満たされただけでなく、身に力がチャージされた感じがした。
それは単なる気分ではなく、食事によって得られた力のおかげで、それまでは手をつけられずにいた、かなりの気力がなければできない作業を、こなすことができたのである。

疲労感や眠気がひどくて、夕食もとらず/母に食べさせずに寝てしまう──ひと眠りしてから、起き出して夕食の支度をするつもりが、そのまま朝まで寝てしまうということを含む──ことが、週に1、2回程度ならば、前からあった。その程度ならば、翌朝に補えば、まだリカバリーできる、許容範囲だと、思うようにしていた。

だが先週は、祝日だった火曜日を除き、出勤した日の夜は全て、帰宅後の身の絶不調により、マトモな食事をとらず/母に食べさせずに、寝てしまう結果になってしまったのだ。

休日になってようやく、マトモな食事をとることで、少しだけ力を補えたように思う。

やはり、サプリメントやドリンク剤で栄養素だけ補っても、マトモな食事をしなければ、生命の糧を十全には得られない。
食というものが、生きることにおける全てではないにせよ、重要なことであるのは、動かし難い事実だ。

食とは、と身体を含めたトータルな命の素であり本であり、基でもある。仇やおろそかにはできない。

そんな当たり前のことを、再認識したのである。


*注 厳密に言うと、「作った」のではない。レトルト等の調理済み食品を皿にあけ、必要に応じてレンジで加熱しただけだ。

関連記事

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

Tag : 介護   

C

omment

食事
ハナさんこんにちは。
この前テレビで食とは人に良いと書くと言っているのを聞き、なるほどと思いました。
私も食事を大切にします。

katsu0509 URL | 2019/10/27 17:42 [ 編集 ]

初めまして~
初めて!

日頃の病状介護、お疲れ様です。

私は文章で社会改革が出来ると信じています。

ハナさんの活動も無意味では有りませんよ。

社会的弱者の声が、まだまだ届かない現実社会に、声を上げて参りましょう!

風 蘭 URL | 2019/10/27 19:34 [ 編集 ]

Re: 食事
> katsu0509さん

食とは「人に良い」あるいは「人を良くする」と書く、という話。最近よく見聞きしますが、既に2001年頃から言われていたようですね。
https://chinomori.exblog.jp/23177658/

漢和辞典に載っている、食という漢字の成り立ちからすると、この説は正しくないようです。

けれど、本来は正しくないにしても、俗説としては、かなりの説得力がありますよね。
食育ということが、重要視される現代においては、魅力的な考え方だと思います。

ハナさん* URL | 2019/10/27 20:39 [ 編集 ]

Re: 初めまして~
> 風 蘭さん

コメント、ありがとうございました。

> 私は文章で社会改革が出来ると信じています。
> ハナさんの活動も無意味では有りませんよ。

プロフィールの文章を、読んでいただいたのですね。重ねて、お礼を申し上げます。

> 社会的弱者の声が、まだまだ届かない現実社会に、声を上げて参りましょう!

あらためて、貴ブログの記事を、幾つか読ませていただきました。こうした志をお持ちの方に、ふさわしい内容のブログだと思います。

私自身は、現状が大変すぎて、なかなか、思うような発信ができずにいるのですが。志を同じくする方に出会えて、うれしく思います。
また、度々訪問させていただきます。

これからも、どうかよろしくお願いいたします。

ハナさん* URL | 2019/10/27 20:49 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/270-259be5f2


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR