40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2024/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

この連休に一大決心をして、新たな一歩を踏み出した件

この体育の日を含む連休は、私にとって特別な意味をもっている。
なぜならこの連休は、精神疾患を乗り越えようとして無理をし過ぎた結果、ありふれた身体の病気で死にかけるという体験をした時であるから。
(詳細は、「『生還16.5年目の決意』から、3年も経ってしまった」
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-218.html
を、参照願いたい。)

今年は、奇跡の(?)生還を果たしてから、ちょうど20年目になる。
だからというわけではないが、このFC2ブログ等のネットを介した交流により、病病介護に行き詰まった現状を打破するための、一大決心をするに至った。

決して、この時期を狙っていたわけではないのである。たまたま、最近アップされた記事に対するコメントのやり取りから、自然な流れとして、期せずして、そうした思いが導かれたのである。

そして、そのような決心に基づく、新たな一歩を踏み出すための行動を、今しがた実行した。

この決心、そして新たな一歩とは、具体的にはどのようなものであるのか。
それは、新しい試みがうまくいって、ある程度形を成してから、報告することになると思う。

ただ何というか、ようやく機が熟したのかな……という気はする。
「このままではいけない。何とかしなければ」と思いながらも、軽々しく動くのではなく、じっくりと考えて、最善の道を求め続けてきた。光に向かって、手をのばし続けてきた。
その成果が、やっとのことで訪れたのかもしれないと思うのである。

関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Tag : 精神疾患  介護 

C

omment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2019/10/15 08:48 [ 編集 ]

Re: 10/15非公開コメントさん
仕事のある日は、何やらとてつもなく疲れてしまっていて、返信が遅れました。

ありがとうございます。
早めに、よい報告ができればよいのですが。こればかりは、私一人の努力で、どうにかなるものではありません。
共に行う相手が存在することなので、その方次第という部分があるのです。

またこの件は、申し込みはしたものの、実際的な行動の初回は、11月に入ってからと決まりました。明白な成果が現れるのは、まだまだ先になりそうです。

ご家族について。その病気が重篤になると、そんな感じになってしまうことも、少なくないと聞いています。

コメントの公開 / 非公開については、みなさん、それぞれの事情やお考えがあってのことですから、一概に評することはできません。

ただ言えることは。
精神疾患に関しての考え方・感じ方は、本当に人それぞれです。ブログ等での交流によっても、そのことを思い知らされます。
全く気にせずに、様々なことをオープンにする方もいれば、他者に知られることを忌避して、全てをクローズにする方もいる。だからどう、というものではないと思います。
その方なりのあり方で、構わないのだと。

ハナさん* URL | 2019/10/18 22:17 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2019/10/19 10:18 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2019/10/20 19:32 [ 編集 ]

Re: 10/19非公開コメントさん
少しはお役に立てた……のでしょうか?

現状を受け入れるというのは、とても大切なことだと思います。
2017/10/14付けの記事でも書きましたが、それは決して、あきらめや、希望を捨てることではないのですから。

ハナさん* URL | 2019/10/20 20:15 [ 編集 ]

Re: こんばんは
> 10/20非公開コメントさん

新しいことを始めるというのは、なかなか思いどおり・目論見どおりにいかず、難しいものですよねぇ。

私のように、校正の仕事は社会復帰訓練のための単なる通過点にすぎず、数年で次のステップに進むはずが、ズルズルと居残り続けるうちに、そこで花を咲かせてしまったというのは、かなりレアなケースだと思います。

今流行りの、新しい働き方の類い。謳い文句は魅力的ですけど、やはり実態は、そうそうよいことばかりではないのでしょうね。

私自身、「博士課程に進んで博士号をとれば、大学講師の口が……」なんて、甘い夢を見ていたこともありましたが。そんなオイシイ話は、ほぼ嘘っぱちでした。
実態は、以前お知らせした、ホームレス博士を乱造しただけ。
私が大学院に行ったのは、就職のためではなく、研究をしたかったからなので、それはそれで構わないのですけどね。

ハナさん* URL | 2019/10/20 20:34 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/266-0e57dc34


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR