身体症状症を乗り越えきれぬ身で、母親の介護をする日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2019/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

「まだだ、まだ終わらんよ!」─どんな時でも、古いアニメのセリフを引用してしまうのが、私という人間なのだ

12月15日にサービス終了となる Yahoo!ブログは、9月1日かぎりで、投稿・編集およびコメント投稿ができなくなるということであった。

だが、日付が変わったとたんに、パッタリと投稿・編集が不能になったわけではなかった。9月2日の朝7時半過ぎまでは、まるでロスタイムのように、投稿・編集、コメント投稿が可能だった。
(この時間まで可能であったことは、確認した。ずっと、はりついていたわけではないので、実際に投稿不能になったのが何時であるのかは、不明である)。

そんな状態であったので、日付が変わってからしばらくの間は、「あれ? まだ投稿できるよ」という新規投稿が続出していた。
なので私も、そのお祭りに乗っかって、こんな記事をアップしてみた。

https://blogs.yahoo.co.jp/chp31240/66327959.html 12月15日までアクセス可能)

「このセリフ」というのは、1985-86年に放送された、あるテレビアニメのなかで、人気キャラクターが口にしたものである。
わかる人には、説明しなくても、わかる。けれど知らない人には、説明しても十分には伝わらないだろう……ということで、説明はしない(検索しても、出てくるのではないかと思う)。

ここで重要なのは、私が、何かといえばアニメソングの歌詞を思い出したり、アニメのセリフを引用したりしてしまうということだ。

「おのれつなぐ 鎖 断ち切り……」と歌いながら、古いこだわりを捨てることにした件
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-227.html
とか、
「こだわりを捨てる」と言ったら、『ザブングル』の「乾いた大地」を思い出した件
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-244.html
とか。

いずれも、1980年代のアニメ─私が10代後半から20代前半に見たもの─である。
私には、この時代のアニメが骨の髄まで染み込んでいる。それゆえに、折に触れて、何かといえば、アニメのセリフや歌詞を思い出し、引用してしまうのだ。
病病介護の日々において、今はすっかりアニメからは遠ざかり、研究者の卵であることも、忘れかけているけれど。

私とは、そのような人間だったのだ。私の人生・生活とアニメは、分かち難く結びついていたのだということを、あらためて認識しているところだ。

関連記事

テーマ : 日常雑感
ジャンル : ブログ

Tag : アニメ  介護 

C

omment


「これで終わりにするか、移行するか、ブロガー!」
「そんな決定権がお前にあるのか!?」
とか、ブログ閉鎖に伴って思ってしまいましたね。まぁ決定権はあるんでしょうけど…

アニメに関しての思い、同志を見つけたようでうれしくなりながら拝見しました。
五味洋子さんが、以前どこかで自分が残虐なシーンが苦手だが、アニメならば見ることが出来ると書いておられましたが、アニメはそうした戯画化効果がありますよね。
今は勉強中とのことですが、ハナさんのアニメ論読みたくなりましたね。

トギエモン URL | 2019/09/06 17:32 [ 編集 ]

Re: トギエモンさん(他の方のブログを見て、タイトルをこうすれば、リコメだとわかりやすいと学びました)
元ネタを踏まえたセリフの書き込み、ありがとうございます。
このように、わかる人にはわかって、内輪(アニメオタク仲間)で楽しめるわけなのですよね。
関連で、こんなのも。
「ブロガー、私と来てくれれば……」

Yahoo!ブログ時代に交流していた方々には、FC2以外のブログに移転した方も多いです(移行ツールを使えば、そうなっちゃいますよね)。また、どこにも移転せず、消滅するに任せるという方もいます。
FC2に来ればいいのにと思いながらも、それぞれに事情がありますから、あまり強く誘うこともできなくて……。

> 同志を見つけたよう……

私も、うれしいです。
「戦争倫理学」受講の件にしても、ああやって反応していただけなければ、止めていたかもしれません。
どうせ反応がないと思って、書けずじまいになっていた、『ダンバイン』のフェイ・チュンカのセリフに関する、「私個人としては非常に切実だった話」も、キチンと受け止めていただけそうな気がします。
思い切って、書いてみようかしら。

> アニメならば見ることが出来る……

私自身、とても気が小さくて臆病ものなので、現実世界では、暴力はとても苦手です。プロレスやボクシングなども、リアルの試合は見られないですね。
それなのに、アニメだったら、バトルものとか格闘ものとか、いわゆる暴力的なものも大丈夫どころか、大好きです。
大学院等でも、私の研究対象が(ジブリ作品とか名作ものとかではなく、)戦争を扱い、戦闘シーンが多い巨大ロボットものだということに、驚く人が多かったです。

この辺りのことも、突き詰めて考えていきたいテーマではあります。

ハナさん* URL | 2019/09/06 21:29 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/250-1239d27b


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病病介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
精神疾患(身体症状症〔身体表現性障害〕)歴38年。
校正者として、非正規雇用勤続26年。
アニメーションの研究で修士号取得。
博士号は、論文が書けずに未取得(博士課程・単位取得満期退学)。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
Tree-Comment
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR