40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2024/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

5年ぶりにベッドのシーツを替え、洗濯をして詠める(病病介護短歌):五年[いつとせ]の汚れ含めし夜具洗う……

今回から、病病介護短歌のナンバリングは止めにする。

8/11(日)
  5年ぶりにベッドのシーツを替え、洗濯をして詠める

五年[いつとせ]の汚れ含めし夜具洗う
         心も洗い清められぬか

*8/10(土)の時点で、脱衣所の隅に山と積まれていた洗濯物──母の衣類やタオル・寝具類や家の共用スペースのマットなど──を、どうにか洗い切ることができた。ゴミ屋敷脱出も、少しだけ前進したのだ。
そこで11日には、自分自身の洗濯物に手を着けることとなった。

基本的に毎日着替える下着類などは、着るものがなくならないようにと、1、2週間に1度の頻度で洗濯していた。だが、オフシーズンのものや寝具などの大物は、洗わないまま部屋の隅に積み重ねてあったのだ。
そしてベッドのシーツは、ある理由から、何年も替えずじまいだった。

いったい、何年になるのかと数えてみたら、2014年の夏からだから、なんと、5年になる。あり得ないと思われるかもしれないが、本当に、シーツを替えたのは5年ぶりなのだ。

そのシーツを洗濯すれば、洗濯機の水はすぐに、濁流のように真っ黒になる。5年分の汗等の汚れを含んでいるのだから、当然のことである。
そのような、ひどい汚れを洗い落としたシーツを干すのは、とても気持ちがよい。

そうやって、きれいに洗われたシーツを見ながら、ふと思った。
心も、こんな風に洗えればいいのに、と。

何年も何十年も、心に溜まり続けている澱。何年もかけて、心に染みついている汚れや垢のようなもの。
そういったものも、洗濯機でまとめて洗い流し、染み抜きできれば、どんなによいだろうと。

もちろん、そんなことはできはしない。
いつしか身に付けつつある、清濁併せ飲む態度も、決して悪いとは思っていない。
過去は過去として、己の糧にし、未来を切り開いてゆけばよいのだと、そんなことはわかりきっている。
それでも、時にはふと、そんなことを夢想してしまう。そんな風にふと迷い、悟りきれないのもまた、人間なのだということだ。

関連記事

テーマ : メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

Tag : ゴミ屋敷  介護 

C

omment


さぞさっぱりした事でしょう。^^;
夫も長年の一人暮らしゆえ
シーツの洗濯などせずに暮らしたためか
カビがはえてました。
洗ったけど落ちなくて、捨てようと言ったら
死にはせんとまだ使ってます。

猫ノ毛まるけ URL | 2019/08/27 19:51 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> 猫ノ毛まるけさん

本当に、呆れますでしょう。
でもこのシーツ、案外とそれほどベタつかず、カビとかも生えなかったんですよね。
あまり汗をかかない、体臭とかも、控え目な体質なのでしょうか。
私、入浴や洗髪の頻度も、人に言えないくらいですけど、別に臭いとか言われないですし(実は、陰で言われている……ってこともないと思う)。

むしろ、脱衣場の隅に1年以上放置していた、母のタオルの類いにカビとかが生えて、悲惨なことになってしまっていたので、それは何枚か捨てました。

ハナさん* URL | 2019/08/27 21:14 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/239-b148a296


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR