40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2024/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

ひとまず、草取りは完了ということで……

三連休の最終日。本日も昨日に引き続き、庭と花壇・元家庭菜園の草取りを行った。
休日としては、少し早めに起きられたので、11時頃から始めた。

今日は、花壇の草取りや庭木の剪定を、最優先に行った。
その結果、以前はツルニチニチソウであふれかえっていた庭と花壇の西側

は、以下のように土が見えるようになった。



ツルニチニチソウに隠れてしまっていた、アズマギクやシランを救い出すことができた。

元家庭菜園の西半分も、また生えてきてしまっていたスギナをザッと抜いたりして、これから咲く花々と、宿根草の株のみを残すことができた。
咲き終わったヒエンソウを残してあるので、ちょっとゴチャゴチャしているが、だいたいこんな感じである。


元家庭菜園の全景を写せるポジションがなかったので、これは全体の4分の3ほど。西側の隅から撮っているので、奥の方が、昨日の記事
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-232.html
に写真を載せた東半分である。

真ん中あたりに林立しているのは、ハナトラノオ。秋にはなかなかキレイな花が咲くので、今から楽しみである。

昨日の記事に書いたように、この三連休で、庭と花壇・元家庭菜園の草取りを、全て完了することはできなかった。
元家庭菜園は、とりあえずこれで一段落したとはいえ、花壇の草取りと庭木の剪定は、東側と中央部が残ってしまった。

さらに、家の東側の私道も、北に行く道は先日開通させた
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-230.html
が、南に行く道は、昨年の記事に掲載したような状況
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-146.html
が再来している。

こちらも暇をみて、昨年のように
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-147.html
切り開かなければならない。

それでも。草取りを全てに優先する日々は、とりあえず、ここまでにしたいと思う(どのみち、真夏になれば、熱中症の危険があるため、昼間の草取りはあまりできない)。
これからはもっと重要なこと、家の中の片づけ=ゴミ屋敷脱出作戦の本編に着手しなければと、思っているのである。

関連記事

テーマ : ガーデニング
ジャンル : ライフ

Tag : 草取り  ゴミ屋敷 

C

omment


こんにちは。 

熱中症になりませんように。
私の家も前言った通りゴミ屋敷寸前です。
言い訳ですけどうつ病に喘息を患ったから
掃除炊事しなくてもいいやと思ってしまいます、

ハナさんの助言大変ためになりました。
やれることをやれるだけやる。
昨日は倍目標達成出来ました!

これからもそのことを胸に仕事に取り組みたいとと思います。

千夏 URL | 2019/07/16 14:42 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2019/07/17 10:58 [ 編集 ]

野良猫
草むしりお疲れ様でした。
私の庭の草むしりをしなければと思いつつやれてません。除草剤まいちゃおうかとも思っているのですが野良猫が遊びにくるようになってしまって何かあったらと困っています。

katsu0509 URL | 2019/07/17 16:10 [ 編集 ]


お疲れさまでした。
こうしたたまった仕事を片付けるというのは、モチベーションを上げないと大変なので本当にすごいと思います。

最近、部落で草刈などの仕事の交代時期で私も参加しなくてはいけないので、そうした意味でも面白かったし、こうした成功体験を報告していくというSNSの使い方という点でも大変興味深かったです。

さて、話は変わるのですが、この前TBSラジオのアフター6ジャンクションで元東映動画のアニメーターである小田部羊一さんを呼んで「アルプスの少女ハイジ」の裏話を聞いておりましたが、聞かれましたか?
ハイジのOPを作るため、宮崎駿氏がペーター役で小田氏がハイジ役になって一緒に踊るさまをフィルムに撮って作画の参考にしたそうですが、聞きながら爆笑してしまいました。

トギエモン URL | 2019/07/19 10:57 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> 千夏さん

> ハナさんの助言大変ためになりました。

だったら、よかったです。
ちょっと、厳しすぎるかなとは感じながらも、やはり必要なことだと思ったので、あえて記させていただきました。
でも実を言うと、厳しすぎたのではないかと、怖かったのです。
肯定的に捉えていただけて、うれしいです。

とりあえずは、仕事・社会復帰の方を優先して、家の中のことは、後回しでも構わないのではないでしょうか。
やっぱり、一度に全部をやることは、無理ですから。

家の中のことを後回しにし続けた挙げ句、家をゴミ屋敷にしている私が、言うのも何ですが。
でも、とにかく社会復帰を……とか、何より大学院を……と言って、身の周りのことがズタボロでも、とにかく前に進んだからこそ成せたこと、幾つもあります。
私は、自分のやってきたことが間違いだとは、思っていませんから。

そして、今はやっと、ゴミ屋敷脱出のターンになった。そんな感じです。

ハナさん* URL | 2019/07/20 14:29 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> 7/17 非公開コメントさん

はあ。
できれば、これからは、記事に関係のあることも、書いていただけるとうれしいです。

ハナさん* URL | 2019/07/20 14:31 [ 編集 ]

Re: 野良猫
> katsu0509さん

ありがとうございます。一念発起して、やり遂げられました。

> 除草剤まいちゃおうかとも思っているのですが
> 野良猫が遊びにくるようになってしまって
> 何かあったらと困っています。

最近は、食品原料を使用しているとかで、「ペットや子どもにも安心」と謳っている除草剤も見かけます。
そうしたものを、使われたらいかがでしょうか。

私も、残すものと除くものを選り分ける必要のある場所は手で取りましたが、全て除く予定の私道部分は、除草剤をまこうかとも思っています。

ハナさん* URL | 2019/07/20 14:41 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> トギエモンさん

> TBSラジオのアフター6ジャンクションで……小田部羊一さんを呼んで……

ラジオはほとんど全く聞かないので、知りませんでした。
小田部氏は、『なつぞら』のアニメ関連の時代考証&主人公のモチーフとなった女性アニメーターの夫ということで、最近、一般にも知られてきましたね。
『ハイジ』のOPでの2人の踊りというと、アレですね。それを、宮崎氏と小田部氏で……。想像しただけで、何か笑えますね。

特に昔は、そうやって実際のアクションをフィルムに撮って、その映像を作画の参考にするというような手の込んだこと、割となされていたようですね。
(あくまでも作画の参考であって、実写フィルムをアニメに引き移すのではないところが、ミソですね)。
今だったら、コンピュータで動きをシミュレーションして……ということになるのでしょうか。

> 成功体験を報告していくというSNSの使い方という点でも大変興味深かったです。

気軽に書けて、不特定多数の方に読んでもらえ、コメントももらえるメディアというものは、うまく使えばかなりの力になりますね。
けれどやはり、リスクもつきもののようで。
Yahoo!ブログ時代には、メンタルケアに関する素人さんの無理解なコメントで、せっかく積み重ねてきた治療実践がパーになった、なんてこともありました。

こちらは、あまり気軽にコメントできない反面、そうしたリスクも少ないようです。やはり、ここに移転して正解だったのかもしれません。

ハナさん* URL | 2019/07/20 15:22 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/233-52427116


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR