40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2024/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

私の前に道はない

過去の幾つかの記事に書いたように、家の周りは、花壇や(元)家庭菜園から私道に至るまで、雑草が伸び放題になってしまっている。

「醤油は除草剤の代わりになる?」
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-143.html
の記事に載せたように、私道が草ボーボーとなってしまっているのだ。
上の記事に掲載した写真は、テラスから私道におりる所のものだ。
その私道は、南に下ると、〇〇さんの家へと抜ける……はずだった。

だが、今はもう、その道はなくなってしまった。こんな風に。


そこに見える、〇〇さんの家には、回り道をして行くしかない。

この道を復活させるためには、草取りや草刈りではなく、伐採レベルの作業が必要になるだろう。
そう思えばこそ、これまで手をつけることができずにいた。
だが今は、何となく、これに挑戦してみたい気持ちになっている。

台風による豪雨で、土がしめれば、草の根を掘る作業も、楽になるであろうから。
ああ、だがその前に。何よりもまず、ナタやノコギリ等の、伐採作業に使う刃物類の錆を落とさなければなるまい。
関連記事

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

Tag : 草取り 

C

omment

No title
シルバー人材にお願いしてはいかがですか?機械でざざざーとやってもらってから
道作りしてはいいような!!!

お浸しを茹でたお湯を草に掛けると
時間はかかるけど草は根こそぎ枯れるそうです

腰に気をつけてね

エリザベス URL | 2018/10/01 08:56 [ 編集 ]

No title
うちの状況にちょっと似ていますが
この程度なら全然だいじょぶだと思いますよ
いっぺんにやっつけようとしないで
手前から木バサミで邪魔な枝を切っていけばいいです
気が向いたら、ぼちぼちみたいな感じで
最初から大道具を使おうとすると、気疲れして計画倒れになります

ジュピター *☆* URL | 2018/10/01 10:10 [ 編集 ]

No title
> エリザベスさん

コメント、ありがとうございます。
他人に頼むと、どうしても、思い通りにならないところが出てしまいます。
実は昨年は、従兄に家の周りの草刈りをしてもらったのですが…。色々と、不満足な結果になってしまいました。

なので今年は、自分でがんばって、思い通りにやるつもりです。

野菜のゆで汁ですか。
わが家は、野菜の加熱は、水を使わず栄養の損失も少なくて済む、レンジを使用しています。

母の話では、物置のどこかに、竹を枯らす薬があるということなのですが。

ハナさん* URL | 2018/10/06 19:47 [ 編集 ]

No title
> ジュピター *☆*さん

アドバイス、ありがとうございます。
そうですね。
何事も少しずつ、できる範囲でこなしていくのがよいのでしょう。

やっと、これに手をつけようという気になった(気が向いた)ので、この機会を逃さず、エイヤッ!と、やってしまおうと思います。

ハナさん* URL | 2018/10/06 19:52 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/146-852e10b4


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR