40年近くかけて神経症性障害を乗り越えたものの、母親の介護で大変な日々の思いを発信しています。アニメの研究による博士号取得は、しばらくお休み。

Prev  «  [ 2024/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
最新の記事(全記事表示付き) *frame*
フリーエリア2
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ

【再掲】免罪符としての検索募金─3.11を目前にして

今年もまた、いわゆる 3.11が近づいている。それに呼応して、しばらく前からテレビ等でも、特集番組が組まれるようになっている。

そんな時期であるから、昨年の3月11日に本ブログに掲載した記事を、再掲したいと思う。できるだけ多くの方に周知したいので、やや早めに。

再掲で済ませるのは、私の置かれた状況が、去年とほとんど変化していないからだ。新たに書き起こす必要も、ないのである。

いや、変化したことは、ひとつだけある。昨年の秋から、Yahoo! 募金を通じて、「助けを求められない若者に、支援の手をさしのべるNPO団体」=OVAに、継続寄付を始めたのである。
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-63.html
https://flowerhill873.blog.fc2.com/blog-entry-64.html

それでも、この程度の行動では、世のため人のために働けない焦りを、払拭することはできない。
だから私は今年も、検索募金を免罪符として行うのである。

******************
免罪符としての検索募金
(2017/3/11(土) 午後 1:50 投稿)

本日、本ブログにアクセスしたら「3.11、検索は応援になる」と記されたバナーが、目に飛び込んできた。
思い当たるところがあったので、タップしてみると、予想どおり、検索募金の案内だった。
つまり、今日(2017年3月11日)「Yahoo! JAPANで「3.11」というキーワードで検索された方おひとりにつき10円が、東北復興にたずさわる団体に寄付されます」というのである。

早速、指定されたとおりの検索を行い、募金を完了した。
なかなかよい企画だと思い、Yahoo! への好感度もアップした。

「病病介護」で、多忙かつ大変な毎日を過ごしている身としては、いかにもそれらしいボランティア活動は、できない。非正規雇用のため、経済的にも色々と不安の多い現状では、募金の類にも、二の足を踏んでしまう。
そして「今現在の生活費に、困窮しているわけでもないのに」と、募金のお金を惜しんでしまう自分に、罪悪感を覚えることも少なくない。

そんな私にとって、こうした、「検索するだけで(自分の財布からではなく、他の誰かの財布から)募金がなされる」という企画は、非常にありがたいものである。
そのため、某ポイントサイトの検索募金コーナーも、利用させてもらっている(こちらは、自分のポイントもたまるわけではあるが)。

世の中のために何かをしたい・しなければならないと、割と切実に思っていても、諸般の理由で、なかなか実行に移せない。そして、そのような自分に、罪悪感を抱いてしまう。
そのような人々にとって、こうした企画は、何よりも免罪符として、大きな価値を有していると思う。

もちろん、たとえ1人あたり10円でも、数が集まれば、その総額は相当なものになり、募金としての価値も、十分にあると思う。こうした記事を書いているのは、「1人でも多くの方に、この企画に参加していただきたい」という気持ちも、あってのことである。

それでもやはり私は、こうした企画に、「ボランティア活動ができない人々の免罪符」としての側面を、強く感じてしまう。シニカルすぎるだろうか。
******************

検索募金に関する詳細はこちらで。
https://fukko.yahoo.co.jp/
関連記事

テーマ : 寄付・ドネーション
ジャンル : 福祉・ボランティア

Tag : 募金  NPO 

C

omment

No title
今晩は。
今朝のTVでもやってたけどいまだに復興途中でこの国は真剣に取り組む気がないのかと疑ってしまいます。
ある夕刊紙には「80代までのコンビニ店員募集」もあるとか。
人手も足りない現状がリアルに伝わってきます。
私は関東人だけどいつかは地震の被害で同じ境遇に陥るのかと思うとぞっとします。

tukiyonotakasan URL | 2018/03/09 23:43 [ 編集 ]

No title
> tukiyonotakasanさん

国の復興政策は、どうしても行き届かず、後手後手に回ってしまっている感じですね。
民間の企業や団体、あるいはボランティアの活動に期待しましょう。
決して忘れているわけではなくても、具体的な行動を起こせない人々にとって、こうした企画は、ありがたいものだと思います。

関東地方にも、近いうちに大地震が起きると、常々言われていますね。私の居住地も、無関係ではありません。
個人にできる限りの対策を、しておくしかないのでしょうが。
3.11以降、庶民の防災意識は高まった気がします。せめてもの救い…などと言っては、被災された方に申し訳ないですが。

ハナさん* URL | 2018/03/10 19:55 [ 編集 ]

No title
11日になったので、早速、検索募金をしてきました。刻々と、協力者が増えています。
みなさまも、できればご協力をお願いいたします。

ハナさん* URL | 2018/03/11 00:07 [ 編集 ]

No title
スゴいスゴい!
開始から3時間足らずで、検索募金への協力者は、30万人に迫る勢いです。

でもこの企画って、寄付金の上限額は、昨年の実績と同程度、429万余人分なのですよね。
がんばって、昨年以上の人数に協力してもらえても、無駄になってしまう…。

ハナさん* URL | 2018/03/11 02:47 [ 編集 ]

No title
協力者数、既に182万人を越えました。
これは、昨年実績を上回りそうですね。

でも、上に記したように、昨年実績を越えた分は、無駄になってしまうんですよね…。

ハナさん* URL | 2018/03/11 13:23 [ 編集 ]

No title
21時現在、協力者数、354万人余です。
あと3時間足らず。
昨年実績と並ぶか、微妙なところですね。
一度検索してしまったら、あとはもう、呼びかけることしかできないというのは、もどかしいです。

ハナさん* URL | 2018/03/11 21:06 [ 編集 ]

No title
あと40分。協力者数、400万人を越えました。
昨年実績まで、あと少し!

ハナさん* URL | 2018/03/11 23:24 [ 編集 ]

No title
終了2分前に、416万人余でした。
昨年実績に届かなかったようです。

寄付完了後に、正式な発表があるでしょうが。

ハナさん* URL | 2018/03/12 00:04 [ 編集 ]

No title
最終結果の正式発表がありました。

******************
2018年3月11日に「3.11」と検索した方は、4,187,511人でした。
これに伴い、41,875,110円を復興支援のために寄付いたします。ご賛同、ありがとうございました。

https://search.yahoo.co.jp/search?&ei=UTF-8&p=3.11&fr=top_smf&aq=-1&oq=3.11&aa=0&ts=49913&at=&ai=ldaVYbFLQPeEItDCdw17_A)より
******************

やはり、昨年より少なかったですね。
こうやって、年を経るごとに、縮小されていってしまうのでしょうか…。

ハナさん* URL | 2018/03/14 12:15 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

https://flowerhill873.blog.fc2.com/tb.php/102-d94d5672


プロフィール

ハナさん*

Author:ハナさん*
2019.5.26付けで、Yahoo!ブログから移行してきました。
上記日付より前の記事は、Yahoo!ブログで書かれたものです。

移行から2年経過したのを機に、ブログタイトルを変更いたしました。
あわせて、紹介文も更新。

*代用ゲストブックあり
「カテゴリ」からどうぞ

〔ブログ紹介文〕
誰もが、たやすく発信者となれるネット時代。

文章で社会改革ができると思い込んでいたのは、若さゆえの過ちにすぎない。
けれど。
それでもまだ私は、文章を公表することは、無意味ではないと信じたい。

私がここに記すのは、単なるつぶやきの類いではない。
社会に向かって訴えたいこと、公表する意味があると思えることのみだ。
若い頃のように気負い込んで、大声で叫ぶことはできないけれど。

病気ではなく、障害でもなくても。諸々と生きづらい、おひとりさま介護の日々においても、光を求めて!

〔自己紹介〕
高校1年で発症した神経症性障害(身体表現性障害[身体症状症]その他)を、40年近くかけて乗り越える。
校正者として、非正規雇用勤続30年。数年前から校閲の仕事も行う。

1990年代、森田療法の研究で学士号取得後、カール・ロジャーズの直弟子が講師であるカウンセラー養成講座で単位取得。
地元の民間心理相談機関でセラピストのインターンとなり、各種心理療法を学修するが、自分は援助職には向いていないことを痛感。

アニメーションの研究で修士号取得。
博士課程・単位取得満期退学。
現在、博士論文のテーマを再検討中。専門は、巨大ロボットものの予定。

アクセスカウンター
フリーエリア
最新記事
Tree-Comment
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR